老人ホームに入所するために所在地の市区町村に住民票を移す必要がある?

 

Q老人ホームに入所するために、所在地の市区町村に住民票を移す必要があるでしょうか?

 

 

ケアマネの回答

 

これについては、答はノーであり、イエスです。

 

介護保険が導入された時点で、広域型の介護老人福祉施設(特養)は住所地特例というのがあって、入所後住所をどうしようと入所時の住所地の保険者(市区町村)が介護報酬を支払うということになっています。

 

しかも全国どこの住民でも入所申し込みができるのです。
ですから、入所後の住所をどうしようと関係ないということができます。

 

ただ、入所することによって居住の根拠が失われてしまう場合は、住所を施設に置く場合があるという程度です。

 

ところが、地域密着型サービスである地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護(小規模特養)に入所しようとする場合は、地域密着型サービスの指定権限は市町村にあるので、指定していない市町村の方は入所申し込みができないということになります。

 

従って、少なくとも指定している市区町村に住所を移す必要があるということになります。